チャットレディはスクショされる危険性がある!身バレ・顔バレ対策とは?|札幌のチャットレディBelle(ベル)

高収入チャットレディ求人サイト

menu

チャットレディの知恵袋

チャットレディはスクショされる危険性がある!身バレ・顔バレ対策とは?

こんにちは!現在ベルでスタッフとして働いている元チャットレディの井本です。
チャットレディとして既に働かれている方、もしくはこれから始めようと思っている方の中には、

 

「もしかしたらチャット中にスクショされるかもしれない」
「スクショがネットに出回ったらどうしよう」

 

そんな不安を抱えている人も多いと思います。
ネットの世界は驚く程のスピードで情報が出回るので、変な噂がたつような写真の露出は控えたいところ。決してやましい仕事ではありませんが、周りにチャットレディをしていることを知られたくない人も多いでしょう。

 

私が昔チャットレディだったとき、チャット中にスクショを撮られても大丈夫なように気をつけていたことがいくつかあります。これから仕事を始めようと思っている方や、特にこれまで顔出しを気にしていなかった方は、この機会に顔出しをするリスクやその対策方法を勉強していってくださいね。

 

チャットレディをスクショする人はたくさんいる

そもそもチャット中にスクショすることはできるのでしょうか?結論から言えば、誰でも簡単にできます。パソコンを使ってチャットしている人が多いですが、パソコンやスマホに関係なく簡単に画面をスクショできますし、動画録画用のアプリなどもたくさんあります。

 

撮られている側はスクショや録画をされていることに気がつきません。知らないうちに撮影されていた、ということはよくある話なので、”スクショは防げないもの”と理解しておきましょう。

 

チャットレディをスクショした画像や映像を流出させるのは違法

画像や映像を流出は違法行為

スクショや動画をネット上に流出させることは日本では違法にあたります。10年以下の懲役、または1000万円以下の罰金が課せられるので、男性会員側にもリスクはちゃんとあるんですよね。なので、実際のところ流出目的ではなく、個人で楽しむために撮影する人が多いです。

 

ちなみに個人で楽しむ分にはチャットレディ側にリスクはありませんし、違法でもありません。決して気分がいいものではありませんが、周りにバレるよりはいいですよね。

 

大手のチャットレディ会社はスクショ対策をしている

ネットの流出を避けるために、チャットレディを運営する会社では、画面上に会社のロゴマークを入れたり、会員のIDを薄く画面上に表示しています。

 

これは、スクショや動画がネット上に流出したときに、犯人を特定しやすいから。スクショされた画像が悪用されてしまった、という女の子が出たら、その会社のサービスを使う女の子が減ってしまうので、会社側もその対策に必死なんですよね。ベルも女の子が安心して仕事ができるよう、できる限りの対策はしているので、安心して勤務にあたってくださいね。

 

チャットレディの仕事中のスクショ対策

スクショ対策

私は副業でチャットレディをしていたということもあり、身元がバレないように顔出しには細心の注意を払っていました。そこで、チャットレディとして働いていたときに気をつけていたことをお話しします。

 

顔出しはなるべく避ける

ネット上に顔を出すことに抵抗がある人は、なるべく顔出しを避けましょう。ただ、顔を出した方が稼ぎやすいのは事実。特別声や話術に自信がある人以外は、顔出しするのが一般的です。マスクをつけるだけでも、顔の半分を隠すことができるので、最近ではマスクをつけている女性もたくさんいます。

 

私の場合は、待機中はマスクを着用し、待機コメントに「1対1のチャットに入ったらマスクを取ります♪」と書いていました。マスクで顔を隠していても選んでもらえず困った、ということはなかったので、こういった方法もおすすめ。「あなたにしか顔を見せません」といった特別感が男性会員の心をくすぐったのかもしれません。

 

顔と体を一緒に映さない

チャット中にアダルトを要求してくる人はとても多いです。アダルト要素が入っていた方が稼ぎやすいので、チャットレディの中には男性が喜びそうな服装やポーズを積極的にする人もいると思います。

 

その時に注意してもらいたいのは、絶対に顔と体を一緒に映さないようにすること。最悪、体のスクショを撮られても、顔が一緒に映っていなければ特定される心配はありません。

 

男性会員は「顔を一緒に見せてくれたらもっとお金を投げるよ」「みんなやってるよ」などと言ってくるかもしれませんが、そういった言葉をむやみに信じないこと。今画面に映っているスクショを撮られたらどうなるか?ということを考えて、正しい判断しましょう。

 

仕事中は変装する

仕事中は変装する

変装と大げさに言いましたが、例えば、普段しないようなメイクをしたり、ウィッグを被るだけで、雰囲気をガラッと変えることができます。別の人間になれた気がして楽しいので、テンションを上げるためにもおすすめ。

 

ベルはコスプレをコンセプトにしているので、常時200着以上のかわいいコスプレを用意しています。毎回違う衣装で仕事ができるので、その日の気分に合わせて楽しく仕事をすることができますよ!

 

スクリーンにカレンダーを設置する

カレンダーを設置する

スクリーンに時計入のカレンダーを設置するのはとても効果的。撮影された日時と時間が分かるので、履歴情報から犯人を特定することができます。男性会員側に不審に思われることもないですし、むしろ気づかれたとしても「この子はスクショに関して知識がある子だな」とプレッシャーを与えることができるので、反対にいいかもしれません。

 

個人が特定できるものは絶対に映さない

カメラに個人が特定できるもの(免許証や郵便物など)は絶対に映さないようにしましょう。1対1でチャットしているときだけでなく、待機中は誰でも部屋を覗くことができるので、不特定多数の人に見られているということは常に頭に入れておくこと。

 

念のため窓の外などもカメラに映さないように注意しましょう。

 

男性会員の名前を頻繁に呼ぶ

スクショだけに留まらず、動画を撮影する人もたくさんいます。動画対策としては、チャット中に男性会員の名前を頻繁に呼ぶこと。もしもその動画がネット上に流出された場合でも、犯人を特定しやすくなります。また、名前を呼ばれたら誰だって嬉しいものなので、ファンもついて一石二鳥ですよ♪

 

スクショされた画像で脅された場合の対処法

撮影したスクショを使って脅してくる男性が中にはいるかもしれません。「この画像を流出させられたくなかったら住所を教えろ」そういったことを言ってくる人がいたら、チャットレディの運営会社にすぐに相談しましょう。

 

知識がない女の子は流出の怖さのあまり相手の言いなりになってしまうかもしれませんが、これは恐喝罪に当たるので立派な犯罪。こういった事件に巻き込まれたら、絶対に一人で抱え込まないでくださいね。

 

スクショされた画像の流出を見つけたときの対処法

もしもスクショされた画像の流出を見つけたら、一刻も早くDMCA侵害という削除申請を提出します。DMCAとは、デジタルミレニアム著作権法(Digital Millennium Copyright Act)の略で、デジタルコンテンツ上の著作権に関するアメリカの法律のこと。”著作権侵害による削除”のページから削除申請をし、それが完了したら権利侵害申請を行います。画像や動画がアップロードされてから削除までにかかった時間で拡散範囲が変わるので、とにかく見つけたらすぐの対応が大事です。

 

自分の画像や動画をネットで見つけたら焦ってしまうと思うのですが、何よりも大事なことはその後の対策。そして、スクショされても大丈夫なように、カメラの映り方は常に意識しましょう。

 

まとめ【チャット中のスクショ対策は必須!】

チャット中にスクショされることは、ある程度はしょうがないと割り切らなければいけません。万が一撮影されても大丈夫なように、顔の一部分をマスクで隠したり、犯人を特定できるような対策をしっかりとっておくことで、気持ち的にも安心して働くことができます。

 

ベルは法人経営で運営しており、法令遵守および税務申告なども完璧にしているので、女の子が安全に働けるようなサポート体制は抜群!チャットレディに興味がある方はぜひお気軽にお問い合わせくださいね。