チャットレディの確定申告!得する方法も紹介|札幌のチャットレディBelle(ベル)

高収入チャットレディ求人サイト

menu

チャットレディの知恵袋

チャットレディの確定申告!得する方法も紹介

こんにちは。24〜26才の2年間、チャットレディとして働いていたベルスタッフの井本です!

現在チャットレディとして働いている人の中には、

「チャットレディの確定申告ってどうなっているんだろう?」

「確定申告したら会社にバレるのかな?」

そんなことを考えている人も多いと思います。
正社員なりアルバイトなりどこかの会社に属していれば、会社が確定申告をしてくれるので、特別個人でしなくてはいけないことはありません。

ですが、チャットレディの場合は自分で確定申告をしなければいけないので、その分手間がかかりますし、知識を入れておかなければいけません。そこでこの記事では、チャットレディの確定申告の方法について詳しく解説します。「チャットレディの確定申告はどうなっているんだろう?」と疑問を抱えていた人は、ぜひこの機会に勉強していってくださいね。

確定申告とは?

確定申告とは、1年間で得た所得を計算して、適切な税金額を納める手続きのことです。

計算期間は1月1日〜12月31日の1年間で、2月の中旬から3月の中旬までに税務署に申告・納税する義務があります。

会社に属していれば、源泉徴収(所得に対して年間でかかってくる税金を会社が給料から天引きするシステム)があるので、個人で手続きをする必要はありません。

確定申告

チャットレディは確定申告の必要がある

ある一定額以上のお金をチャットレディで稼いでいる人は、確定申告の必要があります。

「バレなかったら大丈夫」そう思っている人もいるかもしれませんが、税務署にバレる恐れもあるので、面倒くさくてもきちんと手続きをしましょう。

もしも確定申告をせずに税務署にバレた場合、罰金を取られることもあるので注意が必要です。確定申告の義務が発生する年収額は、働き方によって異なるので、以下で詳しく解説します。

チャットレディが本業の場合

チャットレディが本業の場合は、年収38万円を超えたら確定申告の義務があります。

チャットレディは会社の従業員ではなく、業務請負契約で働く”個人事業主”にあたるので、年収103万円以上で申告義務のある会社の従業員とは条件が違います。

チャットレディが副業の場合

チャットレディを副業でしている場合は、年収20万円を超えたら確定申告の義務があります。

つまり、チャットレディとは別にアルバイトをしていたり、会社に属している場合は、この条件に当てはまるということです。

チャットレディが確定申告をする方法

確定申告を自分でしたことがない人は、難しそうと思うかもしれませんが、やり方を知ってしまったら意外と簡単。確定申告の方法は以下の流れです。

①チャットレディで稼いだ額の計算(1年間)

1月1日〜12月31日の1年間で、チャットレディとしていくら稼いだのか計算します。

(この期間の振込額が収入にあたります。)

②経費の計算

チャットレディとして働くにあたって購入したものが、1年間でいくらかかったか計算します。

経費として計上するためにはレシートが必要なので、全て大切に保管しておきましょう。

 

チャットレディって経費として計上できるものが意外と多いんです!
詳しくはこちらの「チャットレディは経費として計上できるものが多い!確定申告の豆知識も紹介」もぜひご覧ください。

 

③申告書の作成

書類の作成

収入と経費の計算ができたら、申告書の作成をします。

申告書は国税庁や税務署のウェブサイトから印刷することもできますし、直接窓口でも入手できます。

申告書には青色申告と白色申告があるのですが、それぞれで条件が違うので、以下で詳しく解説します。

青色申告

青色申告とは、正式な帳簿を提出することで、65万円の特別控除を受けることができます。つまり1年間の所得額が200万円だった場合、ここから65万円を引いた135万円に税金がかかってくるということです。

チャットレディを本業でしている人や、副業であっても本業よりも稼いでいる人は、絶対に青色申告がおすすめ。

また、初心者向けの青色申告というものもあり、手間が白色申告とさほど変わらないにも関わらず、10万円の控除を受けることができるのでこちらも人気があります。青色申告をする予定の人は、事前に”青色申告承認申請書”を税務署に提出しておかなければいけません。

白色申告

白色申告は、正式な帳簿ではなく簡単帳簿での提出が認められているので、簿記の知識が必要なくても確定申告をすることができます。

チャットレディとしての収入が低い人は、青色申告の大きなメリットである控除の恩恵を受けることができないので、白色申告や初心者向けの青色申告をする人が多いです。

④書類の提出/所得税の納付

申告書を作成できたら、確定申告の締切日までに税務署に提出し、所得税の納付をします。

支払うべき税金の額

支払うべき税金の額は、所得によって違います。

課税される所得金額 税率 控除額
195万円以下 5% 0円
195万円を超え330万円以下 10% 97,500円
330万円を超え695万円以下 20% 427,500円
695万円を超え900万円以下 23% 636,000円
900万円を超え1,800万円以下 33% 1,536,000円
1,800万円を超え4,000万円以下 40% 1,536,000円
2,796,000円4,000万円超 45% 4,796,000円

この計算式を理解していれば、簡単に納税額を計算することができるので便利です。

チャットレディが確定申告で得する方法

チャットレディの所得の計算方法は、

【所得=チャットレディで稼いだお金-経費-基礎控除額】

なので、稼いだお金がそのまま所得になるわけではありません。

つまり、チャットレディは”経費”をたくさん計上することで、簡単に節税することができます。経費とは、仕事をする上で必要になる出費のこと。チャットレディであれば、働くために必要なマイクやパソコン、トークスキルを上げるための本やセミナーなど様々なものを経費として計上することができます。

実は、「こんなものまで経費で落とせるの?」と思うようなものでも、経費の対象になったりするので、どんなものでもレシートを取っておくことをおすすめします。ただ、”チャットレディの活動をしたと説明ができるもの”が前提となることは覚えておいてください。

チャットレディが確定申告をする際の注意点

会社にバレる危険性がある

副業としてチャットレディをしている人は、会社にバレたくないですよね。確定申告をすると、住民税が確定されるのですが、通常住民税は本業の会社の給料から天引きされる仕組みになっています。

会社の給料のわりに住民税が高かったら「副業をしているのではないか?」と疑われてしまうことも。ですが、確定申告の際に、給料からの天引きではなく自分で税金を収めることのできる”普通徴収”を選択すれば周りにバレることがないので安心です。

稼ぎすぎたら家族の扶養から外れる

チャットレディとして働いている人の中には、家族の扶養に入っている人もいるでしょう。

扶養から外れると、旦那さん(もしくは親)の会社からもらっていた健康保険の支払いの補助がなくなったり、配偶者特別控除を受けられなくなったりします。

扶養から外れたくないのであれば、年収を130万以内に抑えるようにしましょう。

まとめ【チャットレディは確定申告の必要がある】

チャットレディで得た年間の収入が20万以下(本業なら38万円以下)なら、確定申告の必要はありませんが、それ以上なら全ての人に確定申告の義務があります。

多くの人はこの金額を超えることになるので、チャットレディとして働いている人はほとんどの人が確定申告の必要があると思っていて大丈夫です。

確定申告と聞くと難しそうに感じるかもしれませんが、申請方法のやり方を知ってしまえば案外簡単。

ちなみに、ベルには顧問税理士がいるので、チャットレディの確定申告や税金対策のサポートをしてくれます。

「確定申告を自分でする自信がない」という人は、ベルを通してチャットレディの仕事を見つけると安心ですよ!